じゃぬちゃんのいろいろ日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ゲーム】 PC ファイナルファンタジー14OPβ その11

βテストもあと1週間を切りましたねぇ。


先行組は来週にはスタート・・・・ちゃんと出来るかどうか知らんけどw

おいらは10/1発売組でなおかつAmazonなのでスタートするのは10/2~3あたりだろうな。


まぁ急ぐ必要もないし、だらだらいくじょ(´・ω・`)


今日の記事のテーマは!!


バザーシステムです(´・ω・`)



バザーなんかFF11にもあったやんっていう声も聞こえてきそうだ。


気づいてみればまだFF14記事でリテイナーの紹介してないんだよなww


リテイナーってのはPC1人1人が、雇うことのできる"倉庫キャラ"みたいなもの。



まぁ、、バザーシステム記事いきますですwwwww




SS20100909-ウルダハバザー街.jpg


FF11だとジュノ下層バザーとか、サンドリア競売前バザーとか、ロランベリーバザーとか、バザー場所が色々変遷してきた歴史があったりします。


FF14では、PC用のショップエリアが存在してます!ウルダハだと上記SSの赤丸のところから入ります。



SS20100909-ウルダハバザー街2.jpg


旅商区を選択すると、移動先がずらずらと出てきます。

それぞれのエリアは繋がってません。


βということもあり、人がいっぱいいるのはシンドゴートの一番街、二番街くらいですね。


製品版になったら盛況になる・・・のかなぁ?ww



SS20100909-ウルダハバザー街3.jpg


今回は人がいない場所のほうがSSも撮りやすいので、あえてリリフォン三番街にします。



SS20100909-ウルダハバザー街4.jpg


どのエリアに入ってもこんな感じのMAPになります。

ウルダハの商業層に戻るには、MAPの上下と真ん中からエリアチェンジできるようになってます。


どっちかからしか出れないってわけじゃないので、少しだけ親切に感じましたw


MAPの北側と南側にそれぞれ5つずつカウンターがあります。



SS20100909-ウルダハバザー街5.jpg

これ、スタンドっていうんですねwwww

まぁ、通常NPCが立ってて色々なものを販売してるような場所です。


ここを借りることができます。


レンタル料は1日(リアルタイム24時間):500ギルです。

レンタル期間の自動更新はなく、数時間前とかに契約更新に訪れる必要があります。


ここはおれの店だー!!って固定化したい人は、製品版ではがんばってくださいw

固定化のメリットはブログなんかで人気が出て、この店はアレが売ってるぞーとか有名になると、そこにいけば常にいるみたいなことにできるかもしれません(´・ω・`)


武器、鎧のご用命はリリフォン三番街 スタンドNo.1へ('∇')ノ


とかwwwwwwww


注意が必要なのは、出品数は10個まで。10個売れたら何も売ってないのにそこにいるってことになりますwww



SS20100909-ウルダハバザー街6.jpg


リテイナーはゲームを始めたばかりの頃に、チュートリアル的に話しかけてくるNPCが教えてくれるので誰でもすぐ作れます。


エリーのリテイナーはJannechanです。スタンドを借りて呼び出してみました。


そうそう、リテイナーの名前も固有名詞になるので他の人と被るとダメみたいですよ。


SS20100909-ウルダハバザー街7.jpg

リテイナーは自分が持ちきれなくなったアイテム、金銭の預かりと、バザーを代行することができます。

バザーに関しては、通常エリアではできませんが、この旅商区であればスタンドを借りるorエリア内のどこかに立たせておくことができます。


呼び出せる場所は、この旅商区を始め、露店が並んでいるところや冒険者ギルド内にある"ベル"のところであれば呼び出すことができます。

※旅商区でバザー放置中の場合には、呼び出すことができず、放置しているその場所まで行かないといけませんww


βでは、アイテムは80個まで持ってくれます。

バザー設定をするとアイテムリストからバザーリストへ移行するので、10個をバザー設定することで合計90個まで持てる計算になってます。


モグ金庫クエとかヨバクリクエがあるかどうかはわかりません。


ただ、FF11のβではアイテム50個持ててサービス開始したら30個だった ような気がする。

少なくなったら正直遊びづらいのでこの設定をキープしてほしいものだw

もしくはモグハウス的な自宅をくださいwwww


バザーの設定は受け渡し済みのアイテムの中から設定します。まずは不要なアイテム、売りたい素材などをリテイナーに渡してみましょうw


そしてバザー設定すればそれで、その場所で販売活動を開始です。


スタンドを借りている場合には、もう少し趣向を凝らすことができます。



SS20100909-ウルダハバザー街8.jpg

スタンドが少し殺風景なので、概観を変更しましょう。

ここで選べるのは、香草屋、雑貨屋、武器屋。


武器や防具などを販売しているなら、武器屋外観にすることで何を販売しているのか一目でわかります。


その外観だからといって素材を売っちゃだめってわけじゃないので、メインはこれです!ってのがわかるようなイメージ戦略で良いかとw



SS20100909-ウルダハバザー街9.jpg


それぞれはこんな感じ。



SS20100909-ウルダハバザー街91.jpg


ルーフカラーをチェンジすることもできます。


が、ぱっと見わかりづらい感じなので変える必要はあまり感じなかったw



SS20100909-ウルダハバザー街92.jpg


人が殺到しているエリアに入るとこんな感じです。


PCがいっぱい立ってるように見えますが、大半はリテイナーがバザー放置状態で立ってるところです。

※左上のコンパスの緑の点はNPC(リテイナー)です。


スタンドを借りずとも放置バザーできるので、一部の人だけが販売エリア独占ということもありません。


戦闘しててgetした不要な素材や、合成で作った装備品など、売りたいものはいっぱいあるとおもうので、こんなバザーシステムを活用するのもよいですね(´・ω・`)b



スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © じゃぬちゃんの航海日誌 AnotherNEO. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。