じゃぬちゃんのいろいろ日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【F1】 バトン、マクラーレン入り決定!!
マクラーレンとの交渉が進められていると報道されていたバトンがマクラーレンに決定したそうだ。



これによって、マクラーレンはハミルトン&バトンという王者経験者コンビとなるわけだ。

これは直近だと1989年のセナ&プロスト以来。これもまたマクラーレンのときだぁねw



カーナンバーはバトンが持ってくる1、ハミルトンは2になると思われる。

2009年シーズンでカーナンバー1をつけていたのがハミルトンなだけに、これは仕方のないことなんだがチームマクラーレンの内情としてみれば、ドライバーのナンバー1、ナンバー2に見える意識がハミルトン的にはイヤだろうなww



でもまぁ、今回のコンビは英国のチームに英国人コンビとなるわけで、非常にやりやすい環境であり、変にこじれた関係にもなりにくいのではないかと思ってます。

ちなみに英国人王者コンビというのは、1967年ロータスでのG・ヒル&J・クラークのコンビ以来だそうだ。

ロータスも英国チームだな・・・w



バトンにとってはある意味勝負の年。若き王者ハミルトンと同じマシンに乗るということは、絶対に比較されます。

バトン自体は戦闘力のあるマシンに乗ったのは正直2009年だけのような気がするので、本来のバトンを見れるのかもしれない。



来年のマクラーレンは今年の流れを引き継げば、間違いなくトップを争えるマシンだろう。



どちらが速いにしてもコンストラクターズとしてはいっぱい稼げそう。対するフェラーリはマッサ&アロンソ。

マシン次第というところがあるが、アロンソがきっちり仕上げに参加してくれれば戦闘力はグンと伸びるのではないかなぁー。



ちなみに、バトンのマクラーレン入りが決定したことによって、ライコネンはマクラーレンと破談。

金額やらなにやらが折り合わなかったそうだ。

マクラーレン以外の選択肢はないと言い切ったライコネンだったので、来年は浪人らしい。

年齢とか古巣戻りということを考えれば、年俸をヘタに押し切るよりも、走ったほうがよかったんじゃないかって純粋に思えるわけだが。

マクラーレンに入るってことはプロモーション活動も多く要求され、そこも折り合わなかったらしいっす。

なので、年俸も合わなけりゃその他の条件もあわなかったってことだね。



トップチームにこだわり続ける以上、ライコネンはこのままF1から消えてしまう可能性もあるのがちょっと残念。

フェラーリから"切られた"以上、マクラーレンしかないようなもんだもんな。

レッドブルの立場から見たら自分のところにフェテルいるし。



さらに楽しみなオフシーズンニュースが待ち遠しいですなw

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © じゃぬちゃんの航海日誌 AnotherNEO. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。