じゃぬちゃんのいろいろ日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【F1】 ブラウンGP買収される!!
随分驚きのニュースが出ました!


2009年シーズンのダブルタイトルホルダのブラウンGPが買収されますた!!

11/16買収した会社からの発表。


それは


ダイムラー

もちろんダイムラーといえば、マクラーレン・ブラウンGPに供給していたエンジンであるメルセデスだ。

去年~今年の流れで見れば、メルセデスエンジンというのは


マクラーレンとの強固なパートナーシップでシリーズタイトルを取り続けてきた。

名実ともにトップチームってわけだ。

だが、今年に至ってはブラウンGPが急遽ホンダの撤退によってエンジンもないしどーしよっかなーってところに手を差し伸べたのがメルセデスエンジン。

供給できる体制はあるぜ~?っつって供給契約を結んだわけだ。

そしたらメインチームのマクラーレンを差し置いてブラウンGPがシリーズタイトルをダブルでかっさらったわけ。


メルセデスサイドとしては、マクラーレンだろうがブラウンGPだろうが自分が供給してるエンジンを使ってるチームがタイトルを獲得したんだからまぁいいんだろうけど。


BMW、トヨタ、ホンダ、そしてルノーも?と思われてるくらいワークスチームが消えていく中、ダイムラーは参戦した。

エンジン供給としてではなく、自分のチームを作り上げた。

しかもチャンピオンチーム。

今年のチャンピオンチームは買うにも安かったんだろうな。エンジン供給してたこともあるから交渉もしやすかっただろう。


チーム首脳には引き続きR・ブラウンがおさまるらしい。当然だろう。

ブラウンをはずすようなことをするおバカはこのF1界にいないだろうww



株式比率は某サイトで確認したところ、


ダイムラー:45.1%
アーバル:30.0%
※アーバルはダイムラーの大株主であるUAEの投資会社です

計75.1%をダイムラー側で買い受けた形。残りはR・ブラウンが持ってるんかなたぶん。

チーム名はメルセデスGPなどになると想定されてる。

一方マクラーレンへのエンジン供給はどうなるのかなというと、ダイムラーとしてはマクラーレンの株式も40%保有している。

この株式については、2011年までにすべてマクラーレンへ売却し、2015年まではエンジン供給はするものの、F1での活動は完全に自チーム主導になる。当然だよね。


2015年まで供給してもらえるだけありがたいと思うべし。まぁ元々の契約なのかもしれんけどw


メルセデスワークスチームの誕生によって、マクラーレンが得られるエンジンはメルセデスの型落ちになる可能性すらあるわけ。

そういいつつもエンジンの開発凍結のレギュレーションがあるからそんな変わらんか・・・w



メルセデスのワークスチームの立ち上げにあたってこれから数年後のドライバー市場が楽しみだ。

UAEが絡んでるとはいえ、ドイツのチームができあがるわけじゃん。



最近ドイツ人ドライバーっていいじゃない。

もちろんシューマッハがズバ抜けて評価されてたのもあるけど、フェテルだってロズベルグだって若手の台頭は激しい。

誰かがメルセデスワークスに乗ることになる。

ぜひフェテルを・・・w



レッドブルが手放すかどーかわからんけどね。でも将来的に乗るだろう。



メルセデスワークスチームもまた生まれながらにしてチャンピオンチームになる候補。



来年はマッサ&アロンソのフェラーリも当然伸びてくるだろうし、ハミルトン&誰かのマクラーレンだって黙っていないだろうけど。



ライコネンはマクラーレンとの交渉は高額年俸によって難航、バトンがマクラーレンにおさまりそうな勢いだ。



でもバトンがマクラーレンとの交渉を引き合いにしてブラウンに高額年俸を出させようとしてるだけだったら。



ダイムラーの買収によってブラウンGPの財布は潤った。

バトンの要求をのむこともできるようになった。

でもドライバーの選定は間違いなくメルセデスの意向が入る。

きっとドイツ人ドライバーくるのでは。





今年はオフが熱いъ(`ー゜)

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © じゃぬちゃんの航海日誌 AnotherNEO. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。