じゃぬちゃんのいろいろ日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1GP オーストラリアGP
さて今年もやってまいりました。F1の季節です!
今年注目すべきは、やはり2世ドライバー。

中嶋悟の2世 中嶋一貴。
3度のワールドチャンピオン ネルソン・ピケの2世 ネルソン・ピケJr.
今年から ではないが、ワールドチャンピオン ケケ・ロズベルグの2世 ニコ・ロズベルグ。

新生フェラーリの2年目。キミ・ライコネン。
失ったものから新たなチャレンジスピリット ルイス・ハミルトン。
古巣へ戻って雪辱を誓う フェルナンド・アロンソ。
ロス・ブラウン加入でチームの建て直しと栄光への回帰。チームHONDA。
チーム状況が危ういスーパーアグリ。

今年も見所いっぱい。

開幕戦はオーストラリア。
オフシーズン絶好調フェラーリ vs 雪辱に燃えるマクラーレンといったところか。
予選から軽く波乱含み。

ポールポジションを獲得したのは、ハミルトン。コバライネンも3番手につけて、順風マクラーレン。
2番手フロントローに入り込んだのはBMWのクビサ。初のフロントローです。
やってくれるなこの若いおっさんは。

そしてオフシーズン絶好調だったフェラーリ。マッサは4番手。ライコネンにいたっては15番手とかwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
開幕のグダグダっぷりはどうしようもないなw
5番手にはハイドフェルドが入った。去年からの好調をキープしているBMW。今年もさらなる成長に期待ですかね。
トヨタのトゥルーリも6番手に入り、期待させちゃう位置。
雪辱に燃えるアロンソはどこだ。。。。11番手だ。まぁいろいろあってこの位置。
レースでがっつん見せるやつなので案外ここらへんでもいけるヤツ。

ロス・ブラウン改革元年 チームHONDAは10、12番手にバリチェロ、バトン。
がんばれっw

19番手に佐藤琢磨。琢磨さぁ、バリチェロと入れ替えようよほんとw
F1ドライバーとしての寿命切れちまうよほんとw
20番手にはピケJr.。じっくりとレースを進めてほしいところ。

レースは3度のセーフティカーが入る波乱のレース。完走もわずか7台のサバイバル。
スタート後の多重クラッシュなどもある中、アロンソ、ライコネンらがジャンプアップ。
琢磨もジャンプアップ。ここらは判断がうまい。
惜しむべくはこのクラッシュの影響に一貴がまきこまれたことか。中嶋の血にはナットウキナーゼが混じっているので、じっくり我慢でねばねばです。
レース中盤、多くのマシンがリタイアし始める中、よ~く目立ったのはライコネンのコースアウト。
今年からトラクションコントロールが禁止になった。

トラクションコントロールいつ頃からあったんだ?と言われると91年頃。
その頃現役で走っていたやつはもういない。
トラクションコントロールなしのクルマでレースをやっていたドライバーが絶対有利。
ドライバー個々で何を言っても絶対有利だから。
それが出たとしか思えない。
ハミルトンを筆頭に若いドライバーたちには特にそういう場面はみられなかった。
※絶対じゃないにしろさw
おそらくはライコネンのように、猛烈アタックをするようなドライバーは頻繁にコースオフするシーンがみられたのだろう。
そういう走りをしつつ限界を知っていけば、いいとは思う。だって開幕戦だしw
そんなアグレッシブさがいいじゃまいかw

次々とレースを終えるドライバーたちの中で、ついにライコネンもストップ。
フェラーリが2台ともリタイアとかね、もうどうしようもないw
マッサのクラッシュはねぇ、おれ的意見としては

マッサのオンボード映像:クルサードが悪いに見えた。
2台のフロント側から見た映像:マッサがクルサードにぶつけてる に見えた。


どっちもどっち。2人でケンカするのはいいが、マッサはチームのことも考えないと追い出されるよw


アロンソvsコバライネン 
コバライネンがアロンソを抜いたあとにピットレーンリミッターを押したってのは笑ったが、
ルノーとマクラーレンのマシン性能差、コバライネンがルノーでくすぶってた というのはわかった。
今日のマクラーレンのチームの動き方を見ればとりあえずはハミルトンを主としている。
コバライネンもうまくポイント重ねて、チームメイト同士でチャンピオン争いに持っていってほしい。
若い世代が台頭してくるのはいいことだよ。

アロンソもライコネンも若いとはいえ、20代前半のドライバーも随分増えた。
チャンスを活かしてどんどんアピールしていってほしいところだね。
一貴は特に。7位フィニッシュでバリチェロのペナルティもあり、6位に繰り上げになった。
幸先いいスタートだ。ウィリアムズで走れてるうちに成長するのだ。
琢磨のように下位チームに行った日にゃ。。。。


エクレストンが面白いことを言っている。
ポイント制度の大改革に着手とか。
優勝数でドライバーチャンプになるような、ポイント制度を考えてるらしい。

それって88年頃までの有効ポイント制と何か違う"大改革"なのだろうか。
オーバーテイクポイントとかあってもいいよな。
5位スタートのドライバーが、ピット戦略以外のコース上で4位以上のドライバーを"オーバーテイク"したら、1ポイントずつ加算されるとか。
このオーバーテイクポイントはコンストラクターズポイントに反映しないようにして。
予選ぐだぐだで20位からスタートのフェラーリが優勝しても19ポイントなんてつかないようにするのは当然必要だがw
まぁ、レースの見所が増えるような改革はどんどんしてくれ。
大して効果のない改革だったらエクレストンはクビね('∇')

次週はマレーシアGP。次も熱戦ですね!






























スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © じゃぬちゃんの航海日誌 AnotherNEO. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。