じゃぬちゃんのいろいろ日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1トルコGP
四天王が激しくタイムを削りあう予選を制したのは
ここのところ不振続きだったマッサだった。

フェラーリ1-3
マクラーレン2-4

フェラーリが有利といわれる奇数グリッドをモノにした。
ポイント差を少しでも詰めていかなければチャンプの座には座れない。

レーススタート。ライコネンが早々に2番手スタートのハミルトンをパスし、2位に浮上。
早くもフェラーリ1-2体制だ。

マシン特性なのかドライバーの特性なのか。高速タイプのサーキットではフェラーリの2人は速い。
マッサは見違えるほどなw

アロンソはポジションを落としたものの、ハミルトンのトラブルに助けられた形となりそのポジションをあげる。
ハミルトンはタイヤがバーストしてしまい、ポジションダウン。
リタイアしなかっただけでも拾いモノだ。

実際、ハミルトンのタイヤバーストを受けて、アロンソの方も危険な状態であったという話だ。

暑さでタイヤも限界だったわけだ。

そう考えるとフェラーリ2台にはそうしたこともなく、速いペースだった。
と考えれば残り5戦はフェラーリ優位なのかもしれん。

結果ライコネンはマッサを抜くこともなくそのまま2位チェッカー。
マッサが優勝し、フランスGP以来のフェラーリ1-2フィニッシュ。

マクラーレンとのコンストラクターズポイントの差も11ポイント差まで詰め寄った。
※ハンガリーGPでのペナルティがどう転ぶかでわからんけどw
アロンソは3位、ハミルトンは5位だった。
4位にはハイドフェルドが入り、好調BMWも忘れてはいけないな。

☆ドライバーズポイント
ハミルトン 84
アロンソ 79
マッサ 69
ライコネン 68

となった。
前戦でマッサを抜いて3位になったライコネンはまたも4位転落。
実はこの1戦でフェラーリとしては"No.1"を決めたとも言われる。
おそらくはマッサにポイントを集めて、ハミルトン・アロンソに対抗していくと言われている。
年俸が高い方のライコネンがNo.2というのも変な話だが、結果が全てだから仕方が無い。
最終戦はブラジルGP。
マッサが最終戦地元で決めてチャンピオンともなれば話題騒然。
セナ以来のブラジリアンの偉業となろう。

対するハミルトンは今回のトラブルによって、その失点を最小限に食い止めたものの、最大のライバルであるアロンソとの差は5ポイントまで縮まってしまった。
来季もアロンソが残留することが決定した裏には、"ハミルトンとの情報共有をしないこと"が条項に含まれているという。

アロンソの我侭に対してマクラーレンチームが完全に折れた形だ。
この"情報"には、当然セッティングも含まれる。

今シーズン、アロンソのセッティング情報でマシンを作り上げ、ハミルトンが結果を出してしまっている状態だったそうだ。

ハミルトンがセッティングできないってことはないと思うが、アロンソほど熟練していないとすれば、終盤戦に不安が残るのは確か。

セッティングが煮詰まっていなければタイヤにも負担がかかり、今回のトルコGPのようにならないとは言い切れない。

ハミルトンは意地でもチャンピオンを狙っていくには、貪欲にセッティングを学んでいくしかない。
敵は他でもないディフェンディングチャンピオンだ。

今のアロンソは来季のこと、チームメイトのことが一段落したこともあって、レースに集中するのみ。
シューマッハを腕でねじ伏せたあの頃の強さを終盤戦に見ることができるとおもう。
ポイントでフェラーリ2台に対して優位に立っている以上、無理をする必要はない。

アロンソ79
マッサ69

マッサが残り5戦全てを優勝すると

69+50=119

となる。

たいしてアロンソが残り5戦全て2位の場合

79+40=119

となるわけだ。

アロンソはかたくなに2位を死守し、マッサより前でフィニッシュするレースがあれば、それだけチャンプに近づくことができる。

次戦はイタリアGP。情熱のティフォシが集まる超アウェー。
マクラーレンはそこでフェラーリに勝つことができたら、今季はマクラーレンのものだ。

フェラーリはマクラーレンを徹底的に叩き潰すことでチャンピオンに向けて足がかりになる。

最終戦までもつれこむ事が必至だけに、残り5戦も目が離せない。




















スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

(・ω・) 予選が全てだった・・・・・
正直マッサ頑張った・・・・・
そしてライコネンは予選の1ミスで2位が限界だったと・・・・
フェラーリはこれでマッサを中心にチャンピオンシップとりに
いくだろうね。

マクラーレンはタイヤに厳しいマシンなのが露骨にでたGP
だったね。ソフトタイヤを使いきれないのは今後も影響する
と思うな。

高速サーキットが続く事を考えると、もっと混戦になる事に
期待だね。

エアリアル | URL | 2007/08/27/Mon 23:00 [編集]
★えあさん
マクラーレンのマシンがタイヤに厳しいとすれば、高速だけでなく残暑が敵にならないことを祈るだけだろうな~。
フェラーリの問題があるとすれば、マッサじゃなくライコネンが勝った場合だな。結局どっちがNo.1ドライバーとかどうにもならなくなるような気がするw

マッサは安定しないのがウリだwww

じゃぬ | URL | 2007/08/27/Mon 23:36 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © じゃぬちゃんの航海日誌 AnotherNEO. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。