じゃぬちゃんのいろいろ日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1ヨーロッパGP
ハミルトンに訪れた最悪のアクシデント!

波に乗る王者!



おもしろくなってきた後半戦('∇')


予選で大きなアクシデント。
ハミルトンがドーンっとクラッシュ。

右フロントタイヤのホイルナットが緩んだそうだ。
ここでこのクラッシュは痛い。

本人に大きな怪我がなかったのが不幸中の幸いというところか。


ポールを獲得したライコネン、2番手につけたアロンソ。


顔ぶれがだんだんこの2人になってきたところ。



10番手スタートとなったハミルトンは、レース開始直後一気に4位に
ジャンプアップした。

ここはさすがというところ。


だがお空の天気は黙っちゃいなかったw

まるでスパウェザー。急に豪雨。

当然、オープニングラップが終わったところで続々とピットインしていく中、なんとライコネンがピットに入り損ねた。
これでポールポジションの優位は全て失われたようなもんだ。


次々とコースアウトしていくマシンをみかねてセーフティカーが入る。
コースアウトした中にはハミルトンも混ざっていたわけだ。
1コーナーは悪魔のプールだw


4位までジャンプアップしたハミルトンすら飲み込んだ。

こういう大混戦で強いのはやはりというべきか。アロンソは落ち着いて2位をキープした。

マッサもトップを快走。


レース終盤に向けて、ライコネンがトラブルでリタイア。
自分が見た感じだとギアが入ってないのかな~って見えたけど、"油圧系"のトラブルらしい。

3連勝を狙える波に乗っていただけに悔やまれるリタイア。


そしてハミルトンは遂に10位まであがってきている。



そしてまた運命を変える雨が降る。


残り10LAPってところだ。
またも続々とピットイン。

マッサvsアロンソ。


ここで力を見せ付けたのはアロンソだった。

こういうレースはマシンの限界を知り尽くしたドライバーこそが強い。
かつてのアイルトン・セナが"雨のセナ"と呼ばれたように。


アロンソは降り続く雨の中、マッサとの差を一気に縮めて、ついにはオーバーテイク。

残り5LAP。

マッサでは役不足だったか(´_ゝ`)


アロンソが久々の勝利を手にした。
マッサもとりあえずは2位に入っただけ良しってところだ。



ハミルトンは奮闘実らずノーポイントだったが、あのクラッシュの後の健闘を考えれば次戦からに期待したい。



ポイント差はどうなったかというと…


ハミルトン 70P
アロンソ 68P
マッサ 59P
ライコネン 52P

となった。
マッサが再びライコネンの前へ。
アロンソはハミルトンに対して2ポイント差まで迫った。

残り7戦。
まだ行方はわからないとしても、数字だけみればマクラーレンの2台が俄然有利。

次はハンガリーGP。ルノーが案外伏兵になりそうなコースだ。
そして抜きどころもないと言っていい。
予選のポジションが重要になり、レースの組み立てのうまさがカギだろう。


雨に翻弄されたレースを越えて、ドライバーたちは終盤に向けてただただ前に向かって突っ走るだけだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

荒れましたなw;
今年のニュルは荒れたね~

ライコネンに期待してたんだけ、ピットインできなかった
のが痛すぎ・・・・・・・・
今回は雨に助けられた感が非常に強いアロンソだったけ
ど、タイヤに熱が入りやすいのが幸いしたのかマッサが
相手だったからのオーバーテイクか?
マッサは最後のレインタイヤはバイブレーションが発生
したとか言ってるけど、本当はどうなのか・・・・・

そして、レース後のアロンソとマッサの罵倒合戦が今後
どんな影響を与えるのか?

F1後半戦、大変盛り上がってまいりました!ヽ(`Д´)ノ
エアリアル | URL | 2007/07/27/Fri 23:34 [編集]
★えあさん
アロンソが会見でカッとなってしまったことを謝りたいって言ってたがあれはアロンソの本性だなw
自分が優位でありたいがために、自分に災いもたらす人間に対して怒りぶつけまくりだw

まぁマッサと比べたらやっぱアロンソのほうが腕はいいからなんともw
じゃぬ | URL | 2007/07/27/Fri 23:41 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © じゃぬちゃんの航海日誌 AnotherNEO. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。