じゃぬちゃんのいろいろ日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケータイ戦争(コラム第3弾)
さて、今回はDocomo vs au。どっちが安いんだい?っていうのを色々な視点から('∇')

↓続きはこちらから♪
☆ぶっちゃけDocomoauはどっちが安いの?

はい、ケータイネタ第2弾を公開できる日がやってきました。(第3弾になっちゃいましたw)
第1弾ではあまり追求しきれなかった部分にまで迫ってみたいとおもいます。

DocomoVSau割引率
まずは年割+家族割に加入してる場合の割引率対決です。
まず1年目~3年目。auのほうが安くなってます。
4年目はどっちも割引率は一緒です。
5年目~7年目。Docomoのほうが安いです。
8年目以降割引率は一緒です。
率だけで見てもたぶんわかりづらいので、それを比較するためによく使われているであろう料金プランをベースに、金額で比較してみることにしましょう。

それぞれのキャリアでの条件設定に基づいて、基本料金が出されています。

Docomo~新いちねん割引(10%~25%OFF)、ファミリー割引の(25%OFF)加入。
au~年割(15%~25%OFF)、家族割(25%OFF)の加入(もしくはMY割の加入でも同等条件になります。)
Vodafone~ハッピーボーナスへ(1年目15%OFF、2年目以降約29.1%OFF)の加入(主回線の場合の金額設定。2年目以降は2ヶ月間基本料金無料期間があるので、1年=10ヶ月で計算してます。都合上改定前の料金計算のままになってます。)

キャリア別比較表1
表1~安いプランでの比較用です。
今回はDocomoauの比較になります。11年目以降の下の行は11年間このプランを使い続けた場合の基本料金の合計です。
Vodafoneは第2弾で触れてますので今回は見るだけでおながいしますw(改定前料金ですのでこれよりもっと安くなると思ってくださいw)

この表で見てわかるように、Docomoauの基本料金にはたいした差がありません。11年目まで使ったとしても、基本料金の差は492円。
どっちが安いとかいうのは判別できるほどの差なんてないのです。

キャリア別比較表2
表2~安いプランに次いで、使う人が多いと思われるプラン。真ん中あたりのプランで比較してみましょう。11年目まで使ったとして、基本料金の差は876円です。
やはりたいした差にはなりません。

表1と2に共通して、Docomoの方が高いじゃんって言っちゃう方。気が早いですよ(´・ω・`)

これはあくまでも【基本料金】です。
普通に使う方の場合、基本料金+オプション付加料金というのがかかります。

Docomoで言うiモード、パケホーダイ、auで言うEZWeb,EZWIN、ダブル定額。
それぞれの料金を比べてみます。

iモード使用料210円 VS EZWIN使用料315円
パケホーダイ4095円 VS ダブル定額1050~4410円

そう。基本料金で安く見えたau。実は付加使用料がDocomoより高いんです。
ダブル定額をつける人はだいたいMAXまで使うと仮定します。月々420円ずつauの方が高いわけです。

420円x12ヶ月=5040円x11年=55440円

一見\1000未満の違いしかない基本料金の差でも、オプション付加使用料だけで5万円を超える差が出ちゃうのです。

Docomoは高い、auは安い。そんな世間のイメージは何を基準にしているのか。
それは機種本体の価格だと思います。

auは機種変更で買う場合、利用期間13ヶ月以上であればだいたい15000円~20000円くらいまででおさまる機種が大半なのに対して、
Docomoの場合は、利用期間1年以上であっても30000円っていう機種もあります。

おそらくこの部分だけ見て、世間のイメージなんだとおもわれます。

じゃあ実際はどうなのか。

auの機種は確かに安いです。ただし高い機種がないわけじゃないのでその部分は明らかにスルーされてる。
Docomoの機種は高いっていうイメージだけが染み付いてるのはなぜかというと、値段の基準としてみてるのが90Xiシリーズ。
Docomoはシリーズ別に分けてるため、ハイエンドに位置する90Xiシリーズを基準に値段を見たらそりゃ高いんですよ(´・ω・`)
70Xiシリーズを見れば15000円程度でおさまる値段なんです。
固定概念を産み付ける前にちゃんとみれればわかる範囲のことなんですが、普段気にすることがない人たちは風評が第一です。

Docomoって高いよね~」「だよね~」

auいいよね~」「ダブル定額安いもんね~」

知れば知るほどに、風評に踊らされる人たち。
このキャリアが良い!っていう思い入れでもない限りは、ぶっちゃけどこのケータイ使ってもいいと思うんだけど、風評に踊らされてるせいで、わざわざ家族と違うキャリアにしたり、長く使ってるのに他キャリアに乗り換えたりする。
乗り換えた時点で高くなってますよ(´・ω・`)…
1~3年くらいで乗り換えるなら別にいいけどねw

☆ポイントサービス
100円につき1ポイントずつたまっていくポイントサービスがDocomoもauもあります。
Docomoは100ポイント単位で使用することが可能で1ポイント=1円。
auは500ポイント単位で使用することが可能で1ポイント=2円。

au安くね?w
ってわけじゃないんです。
Docomoには、プレミアクラブ(月額年会費無し、要申込)ってのがあってこれに加入するだけで100円につき2ポイントずつたまるのです。
なので一緒みたいなもんです。
(プレミアクラブは利用金額に応じてステージがあがっていくと、最高で100円につき5ポイントたまるようになりますが今回みたいな通常ラインでの比較の場合はあまり意味ないのであえてスルーさせていただきます。)


☆ガク割あるからau安いじゃん!
ガク割。それは学生さんたちに取ってお財布に優しい半額な割引。でもガク割って制限多いのです。

・家族割を組んでる回線同士で無料通話を分け合えるんですが、ガク割の回線は共有不能。
・1X機種のみで、WIN機種ではつけられない。

などが大きな制限だとおもいます。
逆に言えばここの部分をauが改定してくる余地はあるってことですけどね。

学生さんは使わない人は使わないと思うんですが、やはり使うとすればパケット量が多いとおもいますが、1X機種に限定されるガク割狙いでいくとダブル定額がつけられないということになります。(ダブル定額はWIN機種限定)
ガク割入った1Xで着うたなんかガンガンダウンロードした日にゃ、パケ代で死ぬのは目に見えてますw

これから買う方。
パケットめっちゃ使う人はガク割よりもダブル定額を主にして考えないと死にますw
逆にパケット使わない人はガク割がいい。
ガク割の一番のウリは基本料金の半額と通話料金の半額(auおよび一般電話への通話料の場合。他社ケータイ、PHSへの通話料は20%OFF)だからだ。

☆1X機種のメリット
WIN機種が基本料金半額になるまで11年目以降までかかるのに対して、1X機種は4年目以降から約半額です。(プランごとに割引率が違う)
小中学生&満60歳以上の方がつけられるサポートプランがあるのも1Xだけ。

通話もパケットもあんま使わないなら1Xでいいんすよw


Docomoはガク割ないよ!
ないねぇw
エリアの関係でFOMA使えなくてMOVA使う場合だとパケホーダイなども入れないっすね(´・ω・`)
でも、FOMA vs WIN っていう図式はできあがってるわけで、MOVAにしろ1Xにしろ、あまり使わない方を対象にしてるってことでしょうね。
MOVAの方はFOMAの基地局の拡大次第で世の中から消える運命にありそうですし。
なので、FOMAに対したWINが相手になると考えればガク割っていうものは必要ないってことでしょうか。
※MOVA機種の発売はもうないと思ってたら、N506iS2、P506iC2が発売されるそうですwwwFOMAエリアの拡大が思うように展開しきれてない証拠かもしれないですね。


☆軽くまとめると。
まずこれから新規で買う人。
単回線で家族割組めない人~auで決まり。
家族割引組める人~家族と同じキャリアを選択するのが一番いい。ただし、家族がDocomoだけど自分はau使いたいっていうパターンはOK。(MY割ある為)

他社への乗り換え検討してる人。
今使ってるキャリアの契約期間が3年以上になってる人~乗り換えすると、契約期間も1年目に戻されるので高くなることは覚悟しましょう。
ただし、乗り換えすることによって家族割引が組めるようになる~ などというメリットがある場合は安くなる可能性ももちろんあります。
乗り換えにかかる費用が実はいっぱいある。
MNPサービス使用料(まだ不明)、元キャリアの契約解除料(3000円~10000円)、新キャリアの新規契約事務手数料(2800円~3000円)、そして機種本体のお値段(もちろん0円もありますがががが)
基本料金も高くなる上に乗り換えるまでに5000円以上かかるのは覚悟って感じですかねw


家族揃って他社へ乗り換え検討してる人
上記と同じように契約期間が長い人は家族揃って高くなるので、結構金額は大きくなるでしょう(´・ω・`)

Docomoau。その差は何かと言われれば実は大差なし。
家族割引組めるか組めないかっていう部分が割引率に大きな差をつけます。
家族割引を組めない場合の差を補完してくれるのがauのMY割。Docomoも動いてくる可能性あるんでなんともいえませんが、現時点であればauを選択した場合に安くしていく方法はありますって感じかなぁ。


☆んじゃ~家族割組めない人!
MY割ができたauにしなさい!って一概に言えるものでもない。
MNP(モバイルナンバーポータビリティ)の実施に向けて、Docomoが同じようなサービスを合わせてくるかもしれない。
Vodafoneだって何かしら新しいことやってくるかもしれない。(※やってきましたハッピーボーナス改定-単回線でも最大半額)


☆んじゃau行っちゃっていいのん?w
HSDPA(Hi Speed Downlink Packet Access)=パケット通信のダウン速度の向上(DocomoVodafoneがサービス実施に向けて試験中。)が今のiモードサービスをさらに強化できる種になるかもしれない。
対してauもパケット通信速度の向上を試験中です。(ウルトラ3G、4Gに向けたテスト)
※ちなみに今はauの通信速度が一番速いものの、その速度に対して端末の処理能力がおいついてないみたいです。

HSDPAによって速度向上できたとしても、端末がおいついてこなければ~ってことですね。
おそらくはMNPを前に各社とっておきを出してくるんではないかと思ってるます。
Docomoでいえば902iSシリーズ。auで言えばW42シリーズになるのかな。
※auの秋モデルにはシャープが参入する予定になってます。

サービスだけでなく端末の性能そのものも魅力あるものを用意してくるとすれば今すぐ動くのは時期尚早。
そして、MNPサービス開始後も手抜きはできませんね。番号そのままで他キャリアに変更できるなら開始後だってうかうかしてるとは思えない。
となれば2007年の春くらいまで様子見るのがベストだったりするかもしれない。

※MNPサービスで他キャリアに乗り換えた場合、サービス使用に手数料かかるでしょう。(金額不明ですがおそらく2000円~3000円くらいは)
番号はそのままでもメアドは変更になります。また、元キャリア解約⇒新キャリア新規契約っていう扱いになるので利用期間もリセットされます。

他キャリアへの乗り換えだけは絶対待ったほうがいい(・ω・)
Docomoは攻めるんじゃなくて相手の出方を待っている。そんな気がしてならない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

おおう、これチョーありがたい。
キャリア変更しようか迷ってただけにナイスタイミング(*'-')b
へりんぐ | URL | 2006/02/20/Mon 16:32 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © じゃぬちゃんの航海日誌 AnotherNEO. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。